Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/jujutaku10/americansforimmigrationreform.com/public_html/wp/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
もう怖くない、ローンの信用情報で注意すべきポイントが全部わかる | キャッシング審査に通らないのでは?と不安なアナタはこちら!

キャッシングの信用情報について

もう怖くない、ローンの信用情報で注意すべきポイントが全部わかる

キャッシングやローン、クレジットに申し込みをすると、あなたの借り入れ状況を照会して審査が行われます。また、融資額もこの時に決められるわけですが…信用情報って一体どんなものなのでしょうか?

キャッシング会社は申し込みがあると信用情報機関に確認を行い、その内容で融資を決めます。過去にキャッシングなどを行ったことがない人については、登録はされていません。この信用情報機関というのはいくつかあり、銀行系や信販系、金融系といったように専門が異なりますが、それぞれの信用情報機関は事故情報などをやり取りして情報交換をしています。登録されている情報は主に、個人情報、借り入れ情報、事故情報です。

・個人情報
氏名や住所、生年月日、電話番号や勤務先の情報です。

・借り入れ情報
契約した会社、借りた金額、利用限度額だけではなく、契約日や支払方法、返済回数、支払い残高、次回の返済予定日までもが記載されています。

・事故情報
3ヶ月以上の延滞や債務整理、破産についての記載です。

あなたの借り入れ状況や事故の有無によっては融資を断られてしまうわけですが、こういったことは他の部分でも影響を及ぼします。キャッシングと住宅ローンの審査には関係があるのです。住宅ローンを申し込むと、銀行は信用情報を確認し、あなたがローンをきちんと返すことのできる人物かどうかを判断しようとします。この時、信用情報が使われるわけですが、ネガティブな情報が記載されていれば、当然住宅ローンは

通りません。借り入れの詳細や返済の状況については、だいたい5年ほど記録として残り続けます。また、返済が遅れたり、返せなくなったということは、キャッシングやローンにおいては重大なマイナスポイントなので、審査に通らない可能性が出てきてしまいます。もしも、過去に長期の延滞が発生している場合には、それから5年以上経ってから再度申し込みをしてみましょう。ただし、一部の事故情報については、削除までに10年以上の時間を要するといわれています。

信用情報の内容によりマイナスになってしまうのは、評価だけではありません。借りられる金額までマイナスになってしまうこともあるのです。例えば、あなたがクレジットカードを既に持っていて、キャッシング枠が30万円あった場合、たとえそれを使っていなくても「借りている」とみなされます。もし住宅ローンの借り入れ限度額が2000万円だった場合、クレジット枠の30万円をマイナスされた、1970万円までしか借りられません。カードを何枚も持っているならその分マイナスされます。住宅ローンの審査を受けるなら、利用頻度の低いカードを見直すいいチャンスだと思って、不要なカードは解約しておいてください。

また、連帯保証人に関する記載についても住宅ローンにおいてはマイナスです。もし、主たる債務者が破産したとしても、連帯保証人としての責任は消えないため、債務者に代わって返済を行わなければならず、住宅ローンにとっては大変不利になってしまうのです。このように、キャッシングや各種ローンクレジットカードの利用履歴は、住宅ローンのような大事な買い物をする際に不利な情報となる可能性がありますので、気をつけて利用をしなければなりません。

実はあまり知られていませんが、個人の信用情報は、本人であれば情報機関に開示の請求を行うことができるのです。全国の窓口、または郵送での請求が可能で、その際に手数料と送料が必要となります。住宅ローンに安心して申し込むためにも、ご自分の信用情報を照会して確認しておくのもいいかもしれません。