Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/jujutaku10/americansforimmigrationreform.com/public_html/wp/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
みんな知りたい、あっという間によくわかるキャッシングの審査基準 | キャッシング審査に通らないのでは?と不安なアナタはこちら!

キャッシングの審査基準について

みんな知りたい、あっという間によくわかるキャッシングの審査基準

キャッシングの審査で落ちたことがあるという方は、その審査の基準が気になっているのではないでしょうか?続けて何度か落ちてしまうと、次こそは…と思いますよね。キャッシングは一体どんな基準で融資の審査を行っているのでしょうか。

キャッシングに申し込むと、各会社の基準で審査をされ、融資の可否やその限度額が決まります。基準は各社でそれぞれですが、その条件はどこも似たようなものです。キャッシング会社は、あなたがきちんと返済のできる人かどうかを判断するために審査を行っています。そのため、フリーターや無職といった人たちに対して、審査は特に厳しいものになるでしょう。安定した収入があれば問題ありませんが、申し込み時に職業や収入を記入する必要があるのもこのためで、大手の会社員や役員、公務員などは急なリストラで職を失う可能性が低く、キャッシング会社にとってはリスクの少ない良顧客です。そのため、安心してお金を貸せるということになります。また、就業期間は長い方がよりプラスの評価になりますが、これは頻繁に職を変える人はあまり信用できないと思われるからです。

会社員で安定した収入があるのに審査が通らないような場合もあると思います。これは、今までのキャッシングやローンの利用状況により、信用に問題があると判断された可能性があります。キャッシング会社によって、返済能力に乏しいと判断されたということです。例えば、過去の利用で返済の延滞や滞納、複数のキャッシング会社からの借り入れがある、破産や債務整理をしたことがある、連帯保証人であるという場合にこれが当てはまります。延滞や滞納は勿論のこと、複数社から借り入れがある多重債務状態では、計画的な返済ができない人であることが想像できますし、破産や債務整理を行ったことがあるのでは、お金を貸しても返ってこないのではないかと判断されるでしょう。また、連帯保証人は主たる債務者が破産などの手続きを行った際には、代わって返済を行わなければならないため、多額の借金を抱える可能性が出てきます。加えて、短期間で複数社への融資の申し込みをしているような人も、計画的な返済ができないろ判断されて審査にはマイナスの印象です。こういったことはキャッシングだけでなく、住宅ローンのような銀行系ローンにも同様の影響を及ぼします。

審査を行うためにキャッシング会社が参考にするのが、あなたの信用情報です。過去にキャッシングやローンの利用がない新規顧客の場合は、経済的に計画性があると判断され、審査に通る可能性が高いでしょう。信用情報は本人に限っては開示の請求を行うことができ、全国の窓口や郵送での請求が可能ですが、その際に手数料や郵送料がかかります。

個人情報
生年月日、氏名、住所や電話番号といった連絡先。

借り入れ利用情報
どこの会社からいくらぐらい借り入れがあるのか、遅れずに返済しているのかといった情報。また、契約日や借り入れ限度額、どのような方法で支払っているのかといった詳細まで、全てわかるようになっています。

事故情報
破産や債務整理、連帯保証人といった、マイナスの情報が記載されます。

信用情報には、主にこの3つの内容が記載されています。信用情報を管理する機関はいくつかあり、銀行系や信販系、金融系などの異なる信用情報を扱っていますが、事故情報のようなマイナス情報はそれぞれ共有しているので全て知られていると考えた方がいいでしょう。通常の情報は5年程度で削除されますが、こういった事故情報は10年程度残るといわれているので注意が必要です。