Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/jujutaku10/americansforimmigrationreform.com/public_html/wp/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
キャッシングの知らないと損する、信用情報の調査が及ぼす影響って? | キャッシング審査に通らないのでは?と不安なアナタはこちら!

キャッシングの信用情報について

キャッシングの知らないと損する、信用情報の調査が及ぼす影響って?

信用情報とは、あなたがキャッシングやローン、クレジットなどを利用した時に作成され、支払い状況などが記載されているものです。生年月日や住所、ローンやクレジットの利用履歴が記録されており、返済に遅延や滞納があった場合は勿論のこと、どこからいくらの借りているのかといったことまでわかります。キャッシングなどの申し込みを行うと、このデータを利用して審査を行うのですが、借り入れをしたことのない人や、やクレジットカードを持っていない人については信用情報が存在しません。

信用情報に登録されているのは、以下のような内容です。

・契約者情報
生年月日、氏名、性別、住所、電話番号など。キャッシングなどに申し込むと、氏名や生年月日などで検索をして個人を特定します。

・取引情報
利用したキャッシングやローン、クレジットの限度額や借りている金額、返済状況などです。契約日や、連帯保証人についても記載されています。ここには、遅延や滞納、金融機関による強制回収といったようなネガティブな出来事があれば記載されることになっており、借り入れの一括化を行った場合もそれが残るようになっています。

・官報情報
破産や民事再生の記録です。

・照会情報
この情報を、だれが何のために照会したのかといった情報が記録されています。

これらの信用情報を扱う会社には何社かあり、銀行系、信販系、金融系といった具合に、扱う情報は異なります。ですが、返済の遅延や滞納、債務整理といったネガティブな情報については相互に開示を行っており、あなたがキャッシングなどを利用しようとした時に把握できるようになっているのです。

これらの情報は再調査をされることもあり、返済状況や借り入れ状況が悪化すると、それまで利用していたサービスを停止されてしまう恐れもあるのです。また、転居などの情報を更新しないでいた場合は、それを確認される可能性があります。

普通の情報は5年程度で更新されるために、それ以前の情報は削除されていきます。貸金業法の改正により、延滞をしている場合には、それを解消するまでは何年でもその情報が記載され続けることになるのですが、それ以前は長くても10年程で記載は削除されていました。一度削除された延滞の情報も、現在は照会することができるようになったといわれています。また、短期間で複数のキャッシングを申し込んだり、あちこちから借り入れがある場合は審査に通りにくくなってしまいますが、この情報の記載期間は半年程といわれており、半年以上空けて申し込めば審査が通る可能性は高くなるのです。

要は、キャッシングの利用の仕方によっては、あなたの信用情報に傷がつく恐れがあるということになります。返済日を守り、返済実績を積んでおくことで有利になり、キャッシング会社に対する信用を高めることになるのです。この信用情報があなたのどんなところに影響するのかというと、ローンを組む必要がある時…例えば、家を買うような時には、非常に困ったことになることも考えられるわけです。逆に、あなたのキャッシングの利用の仕方によっては、プラスに働くこともあるかもしれません。

それでは、あなたが信用情報を自分でチェックすることはできるのでしょうか。信用情報を扱う機関に直接、もしくは郵送で、開示請求を行うことが可能です。手数料や郵送料などがかかりますが、これから大きなローンを組む予定などがある場合には、前もって調べておくのもいいかもしれません。