Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/jujutaku10/americansforimmigrationreform.com/public_html/wp/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
カードローンの審査が通らない…あなたは大変な間違いをしている! | キャッシング審査に通らないのでは?と不安なアナタはこちら!

キャッシングの審査が通らない理由について

カードローンの審査が通らない…あなたは大変な間違いをしている!

キャッシングを利用するためには、キャッシング会社の審査に通らなければなりませんが、何度申し込んでも審査で却下されてしまうという人がいます。そもそも、この審査は一体何をどうやって調べて評価をしているのでしょうか?審査を通過するためには、まずキャッシング審査がどんなものであるか知る必要があります。焦って何社も申し込んだりしていませんか?もしかすると、あなたのキャッシング審査の知識は間違っているのかもしれませんよ。

書類は正直に書いているのに、キャッシングの審査で落とされてしまう…。こんな経験はありませんか?
キャッシングローンの審査の基準はどうなっているのか知るところから始めましょう。これは、利用者の返済能力を判断するための審査で、あなたがキャッシングで借りたお金を返済できるかどうか調べているのです。当たり前ですが、キャッシングで借りたお金はいつか返さなくてはなりません。それを判断するために、申し込み用紙には職業や収入などを書く欄が設けられています。基本的に、毎月決まった収入のある職業であれば問題ありませんが、公務員や大手企業、役員などといった条件があれば更に有利になるのです。安定した職業は、突然収入がなくなってしまう可能性が比較的低いため、キャッシング会社は安心してお金を貸してくれます。現在は、総量規制により借り入れできるのは年収の3分の1と決まっていいて、それ以上は借りることができません。また、就業期間が長い方が有利になる傾向があります。必然的に、無職やフリーター、仕事を頻繁に変えるような人は審査に通りにくくなってしまうのです。キャッシング会社の金利が高めなのは、無担保で貸したお金が返ってこないというリスクがあるからなのです。

安定した仕事や収入があるのに審査が通らない人は、信用情報に問題がある場合があります。こういう人は、以前にキャッシングやローンを利用していたり、クレジットカードなどを持っている可能性があり、その時の返済状況があまりよくなかったということが考えられるのです。キャッシングやローン、クレジットなどを利用すると、信用情報が登録されることになります。信用情報には返済状況が記載されており、過去に返済の遅れや滞納、債務整理といった記録は何年間も残り続けるので、こういったデータがあると返済能力が低いと判断され、融資を断られてしまうでしょう。また、複数の会社から借り入れのある多重債務の経験や、短期間で複数社にキャッシングの申し込みを行った場合も、審査にいい影響を与えません。逆に、借り入れの経験が全くないという新規の顧客や、借り入れを完済している人、返済期日までに遅れずに返しているような人は信用が高いため、審査に通る可能性は高いでしょう。

この信用情報を調べる方法があります。信用情報を扱う機関はいくつかあり、それぞれ銀行系、信販系、金融系など専門が分かれています。信用情報機関に情報の開示請求を行えば、自分の信用情報にどのような記載があるか見ることができるので、キャッシングの審査に何度も落ちてしまうという方は一度調べてみるといいかもしれません。開示には手数料がかかります。また、東京の他にも支店がいくつかありますが、郵送で申し込むことも可能で、その場合は手数料の他に手数料もかかります。最近は、ウェブ上で仮審査を行うことのできるツールを用意しているキャッシング会社も存在するので、こういったところを利用するのも一つの手です。