キャッシング 審査 通らない

通らないなんて諦めない!キャッシング審査を受けて良かった事

20歳になってすぐの頃、遊ぶお金がほしくてキャッシングを利用しました。当然、返済までの計画なんてものはなく、数カ月後には延滞する始末。払っても払っても減らない事に苛立ちばかりが募る中、5年の歳月をかけて完済しました。

それから程なくして、正社員として就職した私でしたが、高校から付き合いのある友人に一つ忠告を受けました。 「就職してすぐは何かと金が飛ぶから、キャッシングを利用しながらの方が上手く回る」と。 その話を聞いて、私は早速キャッシングの利用を決意しました。一度失敗しているからこそ、次はうまくやれる!なんて訳の分からない自信を持ちながら。この時、私のキャッシングに関する知識は皆無といっても過言ではなく、遅延や延滞を繰り返していた自分の信用情報にそれらが記載されている事なんて知りませんでした。

初めてキャッシングを利用した時は、1時間程で融資可能との連絡をもらったのを思い出し、今回も大丈夫だろう…なんて高をくくっていた私に突き付けられた現実は融資出来ないとの通知。何故?どうして?利用出来ない、という事に焦った私はそれから立て続けに数社の審査を受けました。が、結果はどれも融資出来ないとの回答。何故通らないのか。理由が解らなかった私はネットを使って様々な語句で検索をかけてみました。

「借りられない」「審査」「条件」「どうして」それはもう、色々な語句を組み合わせながら。そこで知ったのが、キャッシングを利用中に遅延や延滞をした場合、程度によって個人の信用情報にそれらの事柄が記載されるという事。そして、延滞などの場合は完済から5年程は情報が残る為にキャッシングの利用はまず出来ないという事。また、短期間のうちに3社以上の審査を受けた場合、無条件にキャッシング審査に落ちてしまう可能性があるという事でした。

私が完済を終えたのは、正社員として就職する数ヶ月前の事でした。しかも、最初の審査で融資出来ないと回答された事で焦り、5社ほど審査を受けてしまっていたのです。もはやキャッシングを利用する事は絶望的。完済までの手伝いまでしてもらった両親に、またしても迷惑をかける形となってしまったんです。今度こそは、と意気込んでいたのに、自分が情けないやら恥ずかしいやら…1年目は迷惑をかけるばかりで恩返しの一つもする事は出来ませんでした。2年目になり、急な出費に悩まされることは時々ありましたが、1年目よりは落ち着き、両親に頼らずともなんとかやりくりが出来る状態が続きました。

度々、キャッシングが利用出来れば…と考える事もありましたが、自分で蒔いた種である事を受け止めて、生活費を詰めながら過ごしました。 生活費を詰めた事で、自分がどれだけ浪費していたのかも解る事が出来ましたし、余計な物は買わなくなりました。とても今更だったと思いますが、本当の意味で「お金の有難さ」というものが解ってきた…そんな2年目でした。3年目、4年目、そして5年目…この時の私は、キャッシングの事なんてすっかり頭の中から消えていました。仕事が忙しくなったから、というのが一番の理由でしたが、何より浪費する事がなくなった事でキャッシングを利用するような理由がなかった為です。

ですが、正社員として働き始め6年目の終わりが見え始めた頃。結婚して3年、やっと妻が子宝に恵まれました。しかし、妻は身籠って以来、体調不良を訴え続け、産婦人科で診察を受けた所、どうやらとても悪阻が酷いとの事。水分を摂取しても、摂取した傍から吐いてしまう為、このままでは母体も危ない。即入院する事が決まりました。そこで、入院に関する説明の中で、悪阻が落ち着くまでは個室の方が良いと提案されました。悪阻が酷い場合というのは、匂い一つにおいても吐き気に繋がってしまうからとの事でした。少しでも妻が落ち着けるなら…そう思って、個室を了承したのですが、問題はここからでした。お金に詰まってしまったんです。

詰まってしまった理由としては、保険が適用されているといっても妻の入院代が大きな出費となってしまった事。仕事の忙しさが手伝い家の事まで手を回す事が出来ず、外食やコンビニ弁当ばかりに頼るようになり、出費が増えてしまった事。妻の悪阻が落ち着いたおかげで何とかなるか?とも思いましたが、出産に関しては今回以上に金額がかかる事を知って、私が愕然としてしまいました。妻が通う産院は、一部入金後であれば後払いにも対応してくれるというのは聞いていたのですが、以降もお金は様々にかかる訳ですから、それらを考えると正直な所、私の稼ぎだけでは不安が募ります。どうすれば良いか。思考を巡らせ、辿り着いた一つの案。キャッシングの利用でした。

「完済後、5年程は遅延や延滞の記録は残る」もし、私が遅延・延滞の記録だけであれば…正社員として働き始めて約7年。審査を受ける事自体は出来るのではないか。妻と相談し、その後、両親とも相談しました。終始、父は苦い顔をしていましたが、最終的には私に折れてくれました。早速審査を受けると、30分程で結果がメールで届きました。50万円まで融資可能との内容にホッと胸を撫で下ろしました。

それから出産予定日まで、妻と二人で節約しながらの生活を心掛けました。出産予定日より二日程早くに始まった陣痛によりそのまま入院した妻はその4時間後に元気な声で泣く息子を私に見せてくれました。入院は一週間で、費用は当初覚悟していた金額よりは低かったものの、結果的には少々足りませんでした。その足りない部分をキャッシング利用で補い、一括支払いで終える事が出来ました。

正直な所、様々な事を調べていった際に目にした言葉の数々には胸が詰まる言葉が沢山ありました。しかし、その中の一つに「5年や10年という期間を設けた上で、またキャッシングを利用出来るようになるのは人が変わるのに十分な時間だからではないか」というものがありました。結果、私は確かに変わる事が出来たと思います。使い方一つで、こんなにも心強い味方である事を知る事が出来ました。これからは息子共々、両親に恩返しをしたいと考えています。

キャッシングローンのために人に会う必要はない、無人契約機へGO

初めてのキャッシングは何かと不安なことが多いですよね。初めてやることが不安なのは当たり前です。色々な不安をお持ちの方がいらっしゃるとは思いますが、キャッシングローンを利用する際の大きな不安の一つは「誰かに見られたら困る…」これなのではないでしょうか?お金を借りる姿は人に見られたくないもの。中には、事情があって内緒にしておきたいという方もいらっしゃると思います。そこで、人に見られる不安のないキャッシング方法をご紹介したいと思います。

キャッシング会社へは直接行かず、実際に人と会うことなく申し込みを行えるのが「無人契約機」です。数畳程度のスペースに機械とイスが置かれており、中には誰もいません。不思議ですね…なぜ、人と会わないのに契約ができてしまうのでしょうか。それは、内部にセットされたカメラでオペレーターと繋がっているからなんです。中のカメラはオフィスと繋がっており、オペレーターが色々と説明してくれますから安心です。わからないことがあればどんどん聞きましょう。

まず、中に入ってイスに座りましょう。すると、オペレーターが説明をしてくれますから、申し込み用紙に必要事項を記入します。この情報を元に審査を行いますので、内容は正確に記入しましょう。それから、免許証や各種保険証といった身分証明書と、記入済みの申し込み用紙を、スキャナーなどを使い送信します。在籍確認を行った後、審査に通ればカードが発行されるので、ATMを使ってキャッシングをすることができるのです。所要時間は各社でまちまちですが、中には40分程度で終わってしまう場合もあります。その日のうちに借りることができるので大変便利です。また,事前にインターネットなどで申し込んでおくと、必要事項の入力が短縮できるなど、更にスピード融資が可能な場合もあります。ただし、こういった無人契約機があるのは大手のキャッシング会社だけです。小さなキャッシング会社では用意されていませんから、注意しましょう。

家族や友人に知られないようお金を借りたいなら、キャッシングはうってつけの方法です。何といってもビジネスですから、必要な条件さえ全てクリアしてしまえば何も恐れることはありません。あまり気軽に借りるようになるのは考えものですが、家族や友人と話題にしにくいお金のことは、やはりキャッシングで解決するのが一番です。

みんな知りたい、あっという間によくわかるキャッシングの審査基準

キャッシングの審査で落ちたことがあるという方は、その審査の基準が気になっているのではないでしょうか?続けて何度か落ちてしまうと、次こそは…と思いますよね。キャッシングは一体どんな基準で融資の審査を行っているのでしょうか。

キャッシングに申し込むと、各会社の基準で審査をされ、融資の可否やその限度額が決まります。基準は各社でそれぞれですが、その条件はどこも似たようなものです。キャッシング会社は、あなたがきちんと返済のできる人かどうかを判断するために審査を行っています。そのため、フリーターや無職といった人たちに対して、審査は特に厳しいものになるでしょう。安定した収入があれば問題ありませんが、申し込み時に職業や収入を記入する必要があるのもこのためで、大手の会社員や役員、公務員などは急なリストラで職を失う可能性が低く、キャッシング会社にとってはリスクの少ない良顧客です。そのため、安心してお金を貸せるということになります。また、就業期間は長い方がよりプラスの評価になりますが、これは頻繁に職を変える人はあまり信用できないと思われるからです。

会社員で安定した収入があるのに審査が通らないような場合もあると思います。これは、今までのキャッシングやローンの利用状況により、信用に問題があると判断された可能性があります。キャッシング会社によって、返済能力に乏しいと判断されたということです。例えば、過去の利用で返済の延滞や滞納、複数のキャッシング会社からの借り入れがある、破産や債務整理をしたことがある、連帯保証人であるという場合にこれが当てはまります。延滞や滞納は勿論のこと、複数社から借り入れがある多重債務状態では、計画的な返済ができない人であることが想像できますし、破産や債務整理を行ったことがあるのでは、お金を貸しても返ってこないのではないかと判断されるでしょう。また、連帯保証人は主たる債務者が破産などの手続きを行った際には、代わって返済を行わなければならないため、多額の借金を抱える可能性が出てきます。加えて、短期間で複数社への融資の申し込みをしているような人も、計画的な返済ができないろ判断されて審査にはマイナスの印象です。こういったことはキャッシングだけでなく、住宅ローンのような銀行系ローンにも同様の影響を及ぼします。

審査を行うためにキャッシング会社が参考にするのが、あなたの信用情報です。過去にキャッシングやローンの利用がない新規顧客の場合は、経済的に計画性があると判断され、審査に通る可能性が高いでしょう。信用情報は本人に限っては開示の請求を行うことができ、全国の窓口や郵送での請求が可能ですが、その際に手数料や郵送料がかかります。

個人情報
生年月日、氏名、住所や電話番号といった連絡先。

借り入れ利用情報
どこの会社からいくらぐらい借り入れがあるのか、遅れずに返済しているのかといった情報。また、契約日や借り入れ限度額、どのような方法で支払っているのかといった詳細まで、全てわかるようになっています。

事故情報
破産や債務整理、連帯保証人といった、マイナスの情報が記載されます。

信用情報には、主にこの3つの内容が記載されています。信用情報を管理する機関はいくつかあり、銀行系や信販系、金融系などの異なる信用情報を扱っていますが、事故情報のようなマイナス情報はそれぞれ共有しているので全て知られていると考えた方がいいでしょう。通常の情報は5年程度で削除されますが、こういった事故情報は10年程度残るといわれているので注意が必要です。

優良キャッシングローンを探すあなたへ…口コミで見るポイント5つ

評判のいいキャッシング会社を探したいけど、何を基準に選んだらいいのかわからない…というあなた。キャッシング会社はたくさんありますし、どこにしようか迷ってしまいますよね。そこで、キャッシング会社の口コミサイトで注意して見るべき5つのポイントをまとめてみましたので、あなたが会社を選ぶ時の参考にしてください。この5つのチェックポイントを把握して、ご自分がどういったキャッシング会社を求めているのか探ってみるのもいいかもしれませんね。

審査の早さ
1つ目のチェックポイントは、審査の早さです。銀行のローンなどに比べて、審査期間が比較的短いのがキャッシングローンの特徴ですが、それでもやはり各社でまちまちとなっており、急いでキャッシングをしたい方にとっては比較対照になるのではないでしょうか?早いところは30分程度~1時間で、超スピーディなカード発行が可能です。無人契約機や窓口であれば、身分証明書の提示と書類への必要事項の記入を行えば、その場でカードが発行されます。また、主な申し込み方法はパソコン、携帯、電話、郵送、無人契約機の5種類で、年中無休で24時間営業している窓口がある場合もあるので要チェックです。

金利はいくらなのか
2つ目のチェックポイントは金利について。短期間の借り入れであっても、利息はできるだけ安い方がいいものです。長期の借り入れならなおさらのこと。この金利、キャッシング会社によって本当にまちまちなんです。だいたい5%~20%で、借入額によっても異なりますが、一般的に高額な借り入れほど金利は低くなります。とはいえ、借り過ぎには気をつけてください。

借り入れ限度の金額
そして、3つ目のチェックポイントが借り入れ限度額。これは、キャッシング会社により様々ですが、各社300万~500万円程度であることが多いようです。ただし、法律により、借り入れができるのは収入の3分の1までと決まっています。

一定期間無利子サービスの有無
4つ目のチェックポイントは無利子で利用できるサービスの存在です。金利は安い方がいいと書いたばかりですが、なんとこの金利が条件付でゼロになるサービスを提供しているキャッシング会社があるのです。その条件はキャッシング会社によって大きく異なりますが、借り入れ金額に関わらず1ヶ月という場合や、小額であれば1ヶ月以上でも可能なところ、何度目の借り入れでも1週間は無利子などと、バラエティに富んでいます。個人の借り入れスタイルに合わせて使いやすい会社を選びましょう。あなたの使いやすいキャッシングにきっと出会えるはずです。

返済日の設定が自由
最後は5つ目のチェックポイント、返済日の設定ができる便利な機能について。借りる時に便利なのは勿論、返す時にも便利なキャッシング会社を選ぶべきです。返済日を好きな日に設定できたり、キャッシング会社の提示するいくつかの日付から選ぶなど様々で、あなたの計画に合わせたスケジュールで返済をしていくことができます。他にも、支払日を忘れないよう、数日前になったらメールなどでお知らせしてくれる機能があるところや、ウェブ上での返済シミュレーションを用意しているところ、自動引き落としでの返済や、コンビニのATMで返済できるキャッシング会社もあるので、目的や用途に合わせて選択しましょう。

キャッシング会社を選ぶための5つのチェックポイントを覚えましたか?これでもうキャッシング会社を迷うことはなくなりましたね。キャッシングの口コミをまとめたサイトはたくさんあります。その中から、あなたにぴったりの会社を見つけ出してください。

カードローンの審査が通らない…あなたは大変な間違いをしている!

キャッシングを利用するためには、キャッシング会社の審査に通らなければなりませんが、何度申し込んでも審査で却下されてしまうという人がいます。そもそも、この審査は一体何をどうやって調べて評価をしているのでしょうか?審査を通過するためには、まずキャッシング審査がどんなものであるか知る必要があります。焦って何社も申し込んだりしていませんか?もしかすると、あなたのキャッシング審査の知識は間違っているのかもしれませんよ。

書類は正直に書いているのに、キャッシングの審査で落とされてしまう…。こんな経験はありませんか?
キャッシングローンの審査の基準はどうなっているのか知るところから始めましょう。これは、利用者の返済能力を判断するための審査で、あなたがキャッシングで借りたお金を返済できるかどうか調べているのです。当たり前ですが、キャッシングで借りたお金はいつか返さなくてはなりません。それを判断するために、申し込み用紙には職業や収入などを書く欄が設けられています。基本的に、毎月決まった収入のある職業であれば問題ありませんが、公務員や大手企業、役員などといった条件があれば更に有利になるのです。安定した職業は、突然収入がなくなってしまう可能性が比較的低いため、キャッシング会社は安心してお金を貸してくれます。現在は、総量規制により借り入れできるのは年収の3分の1と決まっていいて、それ以上は借りることができません。また、就業期間が長い方が有利になる傾向があります。必然的に、無職やフリーター、仕事を頻繁に変えるような人は審査に通りにくくなってしまうのです。キャッシング会社の金利が高めなのは、無担保で貸したお金が返ってこないというリスクがあるからなのです。

安定した仕事や収入があるのに審査が通らない人は、信用情報に問題がある場合があります。こういう人は、以前にキャッシングやローンを利用していたり、クレジットカードなどを持っている可能性があり、その時の返済状況があまりよくなかったということが考えられるのです。キャッシングやローン、クレジットなどを利用すると、信用情報が登録されることになります。信用情報には返済状況が記載されており、過去に返済の遅れや滞納、債務整理といった記録は何年間も残り続けるので、こういったデータがあると返済能力が低いと判断され、融資を断られてしまうでしょう。また、複数の会社から借り入れのある多重債務の経験や、短期間で複数社にキャッシングの申し込みを行った場合も、審査にいい影響を与えません。逆に、借り入れの経験が全くないという新規の顧客や、借り入れを完済している人、返済期日までに遅れずに返しているような人は信用が高いため、審査に通る可能性は高いでしょう。

この信用情報を調べる方法があります。信用情報を扱う機関はいくつかあり、それぞれ銀行系、信販系、金融系など専門が分かれています。信用情報機関に情報の開示請求を行えば、自分の信用情報にどのような記載があるか見ることができるので、キャッシングの審査に何度も落ちてしまうという方は一度調べてみるといいかもしれません。開示には手数料がかかります。また、東京の他にも支店がいくつかありますが、郵送で申し込むことも可能で、その場合は手数料の他に手数料もかかります。最近は、ウェブ上で仮審査を行うことのできるツールを用意しているキャッシング会社も存在するので、こういったところを利用するのも一つの手です。

もう怖くない、ローンの信用情報で注意すべきポイントが全部わかる

キャッシングやローン、クレジットに申し込みをすると、あなたの借り入れ状況を照会して審査が行われます。また、融資額もこの時に決められるわけですが…信用情報って一体どんなものなのでしょうか?

キャッシング会社は申し込みがあると信用情報機関に確認を行い、その内容で融資を決めます。過去にキャッシングなどを行ったことがない人については、登録はされていません。この信用情報機関というのはいくつかあり、銀行系や信販系、金融系といったように専門が異なりますが、それぞれの信用情報機関は事故情報などをやり取りして情報交換をしています。登録されている情報は主に、個人情報、借り入れ情報、事故情報です。

・個人情報
氏名や住所、生年月日、電話番号や勤務先の情報です。

・借り入れ情報
契約した会社、借りた金額、利用限度額だけではなく、契約日や支払方法、返済回数、支払い残高、次回の返済予定日までもが記載されています。

・事故情報
3ヶ月以上の延滞や債務整理、破産についての記載です。

あなたの借り入れ状況や事故の有無によっては融資を断られてしまうわけですが、こういったことは他の部分でも影響を及ぼします。キャッシングと住宅ローンの審査には関係があるのです。住宅ローンを申し込むと、銀行は信用情報を確認し、あなたがローンをきちんと返すことのできる人物かどうかを判断しようとします。この時、信用情報が使われるわけですが、ネガティブな情報が記載されていれば、当然住宅ローンは

通りません。借り入れの詳細や返済の状況については、だいたい5年ほど記録として残り続けます。また、返済が遅れたり、返せなくなったということは、キャッシングやローンにおいては重大なマイナスポイントなので、審査に通らない可能性が出てきてしまいます。もしも、過去に長期の延滞が発生している場合には、それから5年以上経ってから再度申し込みをしてみましょう。ただし、一部の事故情報については、削除までに10年以上の時間を要するといわれています。

信用情報の内容によりマイナスになってしまうのは、評価だけではありません。借りられる金額までマイナスになってしまうこともあるのです。例えば、あなたがクレジットカードを既に持っていて、キャッシング枠が30万円あった場合、たとえそれを使っていなくても「借りている」とみなされます。もし住宅ローンの借り入れ限度額が2000万円だった場合、クレジット枠の30万円をマイナスされた、1970万円までしか借りられません。カードを何枚も持っているならその分マイナスされます。住宅ローンの審査を受けるなら、利用頻度の低いカードを見直すいいチャンスだと思って、不要なカードは解約しておいてください。

また、連帯保証人に関する記載についても住宅ローンにおいてはマイナスです。もし、主たる債務者が破産したとしても、連帯保証人としての責任は消えないため、債務者に代わって返済を行わなければならず、住宅ローンにとっては大変不利になってしまうのです。このように、キャッシングや各種ローンクレジットカードの利用履歴は、住宅ローンのような大事な買い物をする際に不利な情報となる可能性がありますので、気をつけて利用をしなければなりません。

実はあまり知られていませんが、個人の信用情報は、本人であれば情報機関に開示の請求を行うことができるのです。全国の窓口、または郵送での請求が可能で、その際に手数料と送料が必要となります。住宅ローンに安心して申し込むためにも、ご自分の信用情報を照会して確認しておくのもいいかもしれません。

初めてキャッシングをしたいあなたのための今すぐわかる3ステップ

キャッシングを初めて利用するあなた、何か不安なことはありませんか?ありますよね。そんなあなたのために、キャッシングを利用する際の注意点をいくつかと、ご利用までの簡単3ステップをお教えします!

キャッシングといえば、何となく怪しげなイメージを持っているという方は少なくないのではないかと思います。初めてなら、まずはテレビでよく見かけるような大手を選ぶといいでしょう。家族や知り合いに借りられればいいですが、まとまったお金であれば貸してもらうのは難しいでしょうし、家族には絶対内緒で借りたいといった場合もあると思います。そのような時にピッタリなのがキャッシングです。ビジネスライクなキャッシング会社との関係は、こういった場面に最適でしょう。過度な取立てや高額な利息についてはかなり改善されました。利用者は法律でしっかりと守られていますので安心してください。

次に、返済能力を超えた借り入れをしないこと。これは、キャッシングを利用する上での最大の注意点といっても過言ではありません。借り入れの際には、返済のことを考えて借りすぎないようにするだけでなく、返済する時のプランもしっかり設計するようにしましょう。計画的な利用は、多重債務に陥ってしまうことを防ぎます。また、キャッシングには利息がつくということを忘れないでください。借り入れが長期になる程、利息は膨らんでいきます。1週間~1ヶ月と、短期間であれば無利息でキャッシングできるサービスを提供している会社もありますので、短期間での返済プランがあるならこういったところで借りるのも一つの手です。

ステップ1.身分証明書を準備する
申し込み方法にはインターネットや電話、郵送、窓口など様々な方法がありますが、今回は無人契約機での申し込みを例に説明したいと思います。この場合、必要な書類はなんと身分証明書だけ。免許証や各種健康保険証などが一般的ですが、他にもパスポートや住民票の写し、公共料金の領収書などでも可能です。

ステップ2.必要事項の記入
数畳程度の無人契約機の中に入りますと、中には機械とイスがあります。無人契約機内では、カメラを通してオペレーターとやり取りをすることになります。申込書の必要事項に記入をして、身分証明書とともにスキャナーなどを通して情報を送信すると、あなたの返済能力などが審査され、問題がないようであればその場でお金を借りることができるようになるという仕組みです。情報は正確に、正直に記入してください。あらかじめインターネットでの登録などを済ませておくと、審査が早く終わることがあります。

ステップ3.審査を待つ
キャッシング会社は、あなたにお金を貸しても大丈夫かどうか…きちんと返済をしてくれるかどうかを判断するため、審査を行います。その判断は信用情報を照会して行うのですが、これにはあなたの今までの借り入れや返済状況について記載されているので、どのような状況かはすぐにわかるのです。あなたがキャッシングを利用するのが全くの初めてであればあまり関係はないかもしれませんが、キャッシングやローン、クレジットなどで、返済の遅延や滞納、複数社からの借り入れや、短期間でのあちこちへの申し込みはマイナスポイントですので気をつけましょう。

審査基準については各社それぞれですので、A社では断られてもB社からはOKをもらえるなんていうこともあります。また、利用限度額や利息についてもまちまちですが、特に利息は重要ですので、よく確認してから申し込むようにしてください。

キャッシングの知らないと損する、信用情報の調査が及ぼす影響って?

信用情報とは、あなたがキャッシングやローン、クレジットなどを利用した時に作成され、支払い状況などが記載されているものです。生年月日や住所、ローンやクレジットの利用履歴が記録されており、返済に遅延や滞納があった場合は勿論のこと、どこからいくらの借りているのかといったことまでわかります。キャッシングなどの申し込みを行うと、このデータを利用して審査を行うのですが、借り入れをしたことのない人や、やクレジットカードを持っていない人については信用情報が存在しません。

信用情報に登録されているのは、以下のような内容です。

・契約者情報
生年月日、氏名、性別、住所、電話番号など。キャッシングなどに申し込むと、氏名や生年月日などで検索をして個人を特定します。

・取引情報
利用したキャッシングやローン、クレジットの限度額や借りている金額、返済状況などです。契約日や、連帯保証人についても記載されています。ここには、遅延や滞納、金融機関による強制回収といったようなネガティブな出来事があれば記載されることになっており、借り入れの一括化を行った場合もそれが残るようになっています。

・官報情報
破産や民事再生の記録です。

・照会情報
この情報を、だれが何のために照会したのかといった情報が記録されています。

これらの信用情報を扱う会社には何社かあり、銀行系、信販系、金融系といった具合に、扱う情報は異なります。ですが、返済の遅延や滞納、債務整理といったネガティブな情報については相互に開示を行っており、あなたがキャッシングなどを利用しようとした時に把握できるようになっているのです。

これらの情報は再調査をされることもあり、返済状況や借り入れ状況が悪化すると、それまで利用していたサービスを停止されてしまう恐れもあるのです。また、転居などの情報を更新しないでいた場合は、それを確認される可能性があります。

普通の情報は5年程度で更新されるために、それ以前の情報は削除されていきます。貸金業法の改正により、延滞をしている場合には、それを解消するまでは何年でもその情報が記載され続けることになるのですが、それ以前は長くても10年程で記載は削除されていました。一度削除された延滞の情報も、現在は照会することができるようになったといわれています。また、短期間で複数のキャッシングを申し込んだり、あちこちから借り入れがある場合は審査に通りにくくなってしまいますが、この情報の記載期間は半年程といわれており、半年以上空けて申し込めば審査が通る可能性は高くなるのです。

要は、キャッシングの利用の仕方によっては、あなたの信用情報に傷がつく恐れがあるということになります。返済日を守り、返済実績を積んでおくことで有利になり、キャッシング会社に対する信用を高めることになるのです。この信用情報があなたのどんなところに影響するのかというと、ローンを組む必要がある時…例えば、家を買うような時には、非常に困ったことになることも考えられるわけです。逆に、あなたのキャッシングの利用の仕方によっては、プラスに働くこともあるかもしれません。

それでは、あなたが信用情報を自分でチェックすることはできるのでしょうか。信用情報を扱う機関に直接、もしくは郵送で、開示請求を行うことが可能です。手数料や郵送料などがかかりますが、これから大きなローンを組む予定などがある場合には、前もって調べておくのもいいかもしれません。

キャッシングローンで増額のために必要なアレって何だ

ちょっと出費が重なって…。今月は旅行でたくさん使ったから…。入院費がかさんで…。このような理由で、キャッシングローンの増額をお考えの方は多いかと思います。10万円くらいの枠だと、突発的な出費には足りても、入院費や長期的な出費には対応しきれない時がありませんか?それなら、限度額を増やしてもらうしかないっと思っても、一体どうすればキャッシングの限度額を増やせるのかがわからないあなたのために、今回はキャッシングローンの利用限度額を増額する方法をお教えします。

長期的、または高額の出費に対応するためには、クレジットカードのショッピング枠を増額してもらうという方法もありますが、キャッシングローンのような金融会社で利用限度額を増やしてもらう方が比較的に簡単です。以前は、金利が30%近かったために、貸せば貸すほど儲かるので増額も簡単でしたが、グレーゾーン金利がが廃止された後はそうもいかなくなりました。今や、限度額の増額は半年以上かかるのが当たり前で、利用者が連絡するまで増額を行わない会社もあるほどです。

利用限度額を増額するにはちょっとしたコツがあります。まず、すぐにできるとは思わないようにしましょう。半年はかけるつもりで挑んでくださいね。コツは、延滞せずに一定額をコツコツ継続的に借り続けることです。利用金額は小額でも構いません。大切なのは支払いが遅れないことと、期間を空けずに定期的に利用することなんです。こうすれば、キャッシングの会社から信用を得ることができますよ。毎月数万円を借りて、遅れずに返済をする。これを半年は繰り返してください。限度額いっぱいに借り入れをしたり、期間を空けて利用する、延滞をするといったことがないように気をつけてください。また、複数社からの借り入れや申し込みは控えるようにしましょう。信用情報をチェックした時にマイナスになってしまいます。半年くらいこれを続けたら、キャッシング会社に増額の申し込みをしてください。これで増額の可能性はぐっと高まります。

もし、半年も待っていられないという方にはこんな方法もあります。なるべく早く増額をしてほしい場合のやり方です。たくさんキャッシングして、返済日より前に返すということを3ヶ月ほど続けてください。この時、間隔は1~2週間程度空け、利用限度額の半分ほどの額をキャッシングするようにしましょう。全額ではいけません。また、返済が遅れるようなことがあってはNGですし、複数社からの借り入れや申し込みが不利なのは変わりませんが、高額のキャッシングをきちんと期日前に返済することにより、あなたの信用は高まります。短期間で高額のキャッシングを行うあなたは良顧客なわけですから、限度額の増額も通る可能性が高くなるのです。

キャッシング会社に限度額の増額を申し込むなら、あなたが頻繁に利用して遅れずに返済する良顧客であるということを印象づける必要があります。キャッシング会社から信用を得ることで、増額の可能性をアップしましょう。

無審査のカードローンは大丈夫?今すぐ知りたいキャッシングの秘密

無審査で借りられるキャッシングの広告を見たことはないでしょうか。雑誌や、電車の中吊り広告などに掲載されているものです。これらは、果たして本当に無審査でお金を貸してくれるのでしょうか?実際に無審査でキャッシングできるところは存在するのか、知りたいと思ったことはありませんか。

無審査のキャッシングを望む人の大半は、大手の審査を一度は断られてしまった方なのではないかと思います。総量規制により、年収の3分の1までの額しかお金を借りることができなくなってしまったため、融資を受けられずに困る人が出てきました。どうしてもお金が足りなければどこかから借金をするしかありませんが、無審査のキャッシング会社はこういった人たちを狙っています。収入がなくても借りられるとか、即日融資といった言葉でお客を集めて契約を結ぶのですが、年収の3分の1を超えるお金を貸し付けることはできません。

「無審査」や「キャッシング」などの単語で検索をすればおわかりかと思いますが、こういったところに大手はありません。あまり聞いたことがないような企業名であったり、出会い系サイトのようなところで見かける広告など、安心して借りられるようなところは無審査ローンには存在しません。大手は必ず審査をしてから貸付をしており、無審査でお金を貸すようなことはないのです。大手が無審査でお金を貸さない理由の一つに、やはりクリーンなお客がほしいと思っていることがあげられるでしょう。テレビCMや広告は、まだ借り入れをしたことのない新規のお客のためのものだと思ってください。

無審査でのキャッシングは、最終的にクレジットカードの現金化にたどり着くことになります。クレジットカードを利用するために必要なのは、本人名義のカードとショッピング枠の残高です。いくつもある商品からお客に選んでもらい、クレジットカードで買い物をさせ、還元率分をキャッシュバックするという仕組みでお金を貸しているので、返済は通常のキャッシングのものと違い、買い物をした分の支払いをしていく形になります。そのため、利用者が直接カード会社へ支払うことになるのですが、こういった人は増えており、特に主婦やアルバイトなどの正社員以外の人に多くなっています。

あちこちで融資を断られ、支払いも差し迫ってくると、もう貸してくれるならどこでもいいという気持ちになってしまいがちですが、無審査ローンはヤミ金などと繋がりのあるところも多く、やはり申し込むのは危険であるといえます。例えば他社を紹介して紹介料を取ったり、個人情報が目当てでそれを売却したりといった怪しげな企業や、中には胡散臭い商材を売りつけられる、契約を無理やりさせられるといった悪徳企業まで存在します。また、違法性のある商法に参加させられてしまう場合もあるのです。そのうえ、ヤミ金であれば間違いなく法律で定められている以上の高金利を取っている可能性が高く、そうなるといよいよ借金で首が回らない状況になってしまいます。ヤミ金との繋がりを避けるためにも、信用のおけないキャッシング会社と関わりを持つことは避けるべきです。

ここまでの説明を読んだのならおわかりいただけたかと思いますが、安全な無審査ローンは存在しません。法律に違反しているようなキャッシング会社から一度でも借り入れをすれば、その先は借金地獄なのです。無審査ローンを頼るということは、負の連鎖への入り口の可能性があります。利用者の返済能力も確かめずにお金を貸すようなキャッシング会社には、信用できるところはないと考えるべきでしょう。

みんなが知りたい無職でも簡単にお金を借りる方法

無職の時、少しだけキャッシングできればなぁと思うことはありませんか?今月を乗り切れば来月は…無職だと、こういう日があるのではないかと思います。しかし、果たして無職の人にお金を貸してくれるキャッシング会社はあるのでしょうか。無職だと、キャッシングを受けるのを躊躇してしまいますよね。だけど、無職でも…いえ、無職だからこそお金を借りたいという場面があるはずです。何らかの理由で突然仕事を辞めなければならなくなったり、倒産など会社の都合だったり、アルバイトを転々としている人だったりと、無職の理由は人それぞれではありますが、無職の場合はキャッシングを利用できるのでしょうか。キャッシングの顧客は無職同様にお金のない人なのだから、借りることができてもよさそうなものです。ですが、やはり実際は無職の人がキャッシングを利用するのはちょっと難しいということになります。

そもそも、仕事に就いていてもキャッシングの申し込みを断られることはよくあることです。これは一体なぜなのでしょうか。その理由の一つに、貸金業法があります。2009年より、年収の3分の1を超えた金額を借りることはできなくなりました。無職では収入があるはずもありませんから、この時点でかなり難しいということはお分かりいただけたでしょうが、無職に限らず、キャッシングを断られてしまう理由は他にもいくつかあります。それは、借り入れ件数が多いことです。キャッシング会社ごとに借り入れ件数の上限を定めているために、あちこちで借り入れをしているとキャッシングができません。また、短期間に3社以上のキャッシングを申し込んでいるような場合もNGです。短期間にあちこちからお金を借りようとしている人の金銭状況は、かなり悪化していると想定されますので、キャッシング会社も貸してはくれないのです。他にも、在宅確認ができないような場合は、キャッシングを受けることができません。キャッシングを申し込むと、あなたの自宅や勤務先へ確認の電話をかけてくることがあるので、住所や電話番号は確実に連絡の取れるものを記入しましょう。在宅確認はほぼあると思って間違いありません。もし連絡が取れないと、キャッシングを受けることはできないのです。

しかし、無職だからといって借り入れをあきらめる必要はありません。以下のような場合は、もし無職であっても考慮の余地ありということで、相談の仕方によってはお金を貸してくれる可能性があります。

・今は無職だけど就職することが決まっている場合
・(治癒する見込みのある)病気などの療養中であるため無職の場合
・無職だけど貯金がある場合
・派遣会社に登録している場合

このような場合、返済能力を考慮され、無職ではあってもキャッシングを受けられる可能性はぐっと上がります。また、オークションなどを利用しているような場合は、個人事業主などの申請をして自営業者の肩書きを持つことで審査が通ることがあります。個人事業主の申請は書類を書くだけでいいですし、あまり時間もかかりません。

ただし、もし無職でも配偶者に収入があるのであればキャッシングを受けることができます。その場合、限度額は低めであることが多いですが、最近は主婦やパート、アルバイト、学生であってもきちんと審査してくれるようなキャッシング会社は増えてきています。無職であっても、キャッシングの審査を通過する方法はいくつかありますが、あまり多くは借りられないことを覚えておいてください。また、既に複数社からの借り入れがある人、返済が滞っているような人は、審査に通ることはやはり難しいでしょう。